愛媛の家「省エネ化」計画

愛媛の住宅を全棟「省エネ化」する!を使命に、とてつもない目標と夢に向かい動き始めた スタジオダイワ代表の心のこもった日誌です。
<< 完成おめでとうございます | main | おかげさまで20周年を迎えています >>
  

今もなお生き続けている
0

    戦慄が走った…昨日の夜である

     

    私の大好きな幕末志士である坂本竜馬が死の直前に書いたとされる

     

    手紙が公開されました!

     

    ヤフーニュースより)

     

     

    ヤフーニュースより記事抜粋

    幕末の志士・坂本龍馬が、死の直前まで新しい国づくりに

    情熱を注いでいたことがわかる貴重な手紙が公開されました。


    13日、高知県の尾崎知事が、坂本龍馬直筆の手紙を公開した。
    手紙は、2016年8月に発見されたもので、龍馬が暗殺される

    5日前に書いたものと推定されている。11月10日かな?


    手紙は、越前福井藩の家老・中根雪江に宛てたもの。
    財務能力が高かった越前藩の三岡八郎、のちの由利公正を

    明治新政府の財政担当として仕えさせるよう懇願する内容で

    その後、由利は新政府などで活躍した。これは有名な話です


    京都国立博物館・宮川禎一上席研究員は

    「自分の力で何とかしようとした龍馬の姿がよく表れた資料である。

    歴史的価値が非常に高い」と話した。
    発見された龍馬の手紙は、3月4日に高知市で開幕する

    「志国高知幕末維新博」の会場で一般公開される。いかなくては!

    以上、ヤフーニュース記事抜粋

     

     

    私は龍馬好きが高じて高知を第二の故郷としています。

     

    母子家庭で育った私ですが、小さなころは歴史が大好きだった

     

    小学校2年の時、私に母が買ってくれた幕末志士の分厚い本。

     

    読めない漢字ばかりの本ですが、とっても嬉しくて、穴が開くほど読み返しました。

     

    その中でも身近なところに住む英雄である坂本龍馬に惹かれました。

     

    それからは母が高知へよく連れて行ってくれて、龍馬ゆかりの地を何度も

     

    回ってくれていたのが懐かしく思い出されます。

     

     

    高知は独身時代も、結婚後も家族で何度も出かけていますし、

     

    個人的には釣で、年に10日以上は高知で過ごしている計算です。

     

    年末は龍馬伝を必ず見返すほどのマニア(史実と違いすぎますが…面白い)

     

     

    そんな思い入れの深い龍馬…

     

    父親のいない私にはどこか龍馬を理想の父として追い求めたのでしょう

     

    今では龍馬よりも年上となり、彼のように熾烈な人生を男として慕っています。

    | 愛媛の省エネマイスター | 日誌 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sabu-blog.d-setsubi.com/trackback/403
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + これから家造りを始める方へ
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + これから家造りを始める方へ
    メルマガ購読・解除
     

    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE