愛媛の家「省エネ化」計画

愛媛の住宅を全棟「省エネ化」する!を使命に、とてつもない目標と夢に向かい動き始めた スタジオダイワ代表の心のこもった日誌です。
<< 住宅の省エネを正確にきちんと | main | 普及加速事業ZEH補助金交付決定! >>
  

耐震について知ろう
0

    当社のNLをお読みの方は知っているお話なのですが

     

    すごく面白いお話なので貴方にもおっそわけします。

     

    テーマは「耐震について」です。

     

    間違った解釈や説明が多い昨今、

     

    プロである建築従事者の知識の欠乏も懸念されます。

     

    そもそも耐震性とは何かということについてです。

     

     

    建築基準法には…

     

    “建築物は、自重、積載荷重、積雪、風圧、土圧及び水圧並びに

     

    地震その他の震動及び衝撃に対して安全な構造のものとして、

     

    次に定める基準に適合するものでなければならない。”

     

    とされています。

     

    その中で地震については(震度6強から7程度)に対して倒壊、崩壊しない

     

    震度5強程度)に対して、損傷しない。となっております。

     

    簡単に言うとそれほど大きくない地震のときは建物は壊れませんが、

     

    大きな地震のときは建物はなんとか持ちこたえるぐらいの強さ設計なので、

     

    建物は大きく損傷しそのまま住める状態でない可能性が高く大規模な修繕や

     

    場合によっては建替えなければいけないこともあります。

     

    阪神淡路大震災では死亡原因の77%が倒壊した建物や家具よる窒息死との

     

    データーもあり、また緊急車両なども倒壊した建物の瓦礫などで進めずに

     

    救助活動に支障がでました。

     

    その為に大規模な地震から建物の倒壊を防ぐことを目的とした最低基準が

     

    今の建築基準法ですなのです!

     

     

    皆さんが大きく勘違いをしている耐震の概念。

     

    つまるところ耐震とはなんぞや?

     

     

    それは、耐震とは大きな地震から建物を守るのではなく

     

    建物の倒壊を防ぎ中の人の命を守るという趣旨なのです。

     

    今の基準を新耐震基準といいますが、あくまで建物の倒壊を防

     

    ぐ事を目的としており建物が無傷で有るということまでは

     

    想定していません。

     

     

    そりゃそうです、最近の地震は想定外とされるケースのものが大半。

     

    強い家は家を守るのではなく「家族の命を繋げる」

     

    これが我々建築従事者の最大の課題であり目標なのです。

     

    いくら家が強くとも地盤が弱ければ何にもなりません。

     

    建築許可が下りる耐荷重の地盤だけでは安心できませんよね?

     

    元々の土地の遍歴も重要ですし、揺れによってどのような影響が

     

    起こるのかを想定するのは至難の業です。

     

    地震が起こって家族が健全であったなら、また家に戻れます。

     

    その為にも、地震保険には必ず加入しておきましょう。

     

     

    LIXILにはSSバリューに建て替え保証があり

     

    素晴らしい商品ではあり、独自設計による耐震構造は確かに強固です。

     

    計算や図面の壁量などを見れば一目瞭然です、が…しかし

     

     

    建て替えが保障されるには制限があります。

     

    まずは「家が全壊すること」「マグニチュードが6.6を越えない事」

     

    両方を満たして初めて適用される保証なのです。

     

     

    今の地震はマグニチュード6を越えます。

     

    そしてSSバリューの家は本当に強いので全壊はしないでしょう。

     

    耐震の目的である家族の命を守ることには安心がありますが

     

    建て替え保障は、おまけくらいで考えないといけないです。

     

     

    なので結論!

     

    やはりどんな家に住んでいても、たとえシェルターであっても

     

    地震保険には加入しましょうね!!転ばぬ先の杖ですよ。

     

    | 愛媛の省エネマイスター | 愛媛四国中央市の新築注文住宅 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sabu-blog.d-setsubi.com/trackback/406
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + これから家造りを始める方へ
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + これから家造りを始める方へ
    メルマガ購読・解除
     

    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE