愛媛の家「省エネ化」計画

愛媛の住宅を全棟「省エネ化」する!を使命に、とてつもない目標と夢に向かい動き始めた スタジオダイワ代表の心のこもった日誌です。
<< バックナンバーのZEH住宅を更に解りやすく、ZEHおじさんの講義 | main | ふらり男旅 >>
  

先延ばしは最大のデメリット
0

    以前にお話ししていたかも知れませんが

     

    現在のZEH補正予算による補助金以降の、本予算による補助金交付にて

     

    執行予算が1棟125万円から50万減額される見込みとなっています。

     

    今後は1棟75万円の補助金が交付され、年々予算の削減が見込まれます。

     

    恐らくZEH普及目標の区切りとなる2020年を目途に補助金を廃止するか

     

    2020年の成果を見て、まだ普及には時間がかかるとなれば

     

    それ以降も何らかの補助金が交付されるのか?現段階では憶測ですが

     

    このようなことが考えられます。

     

    つまり

     

     

    後になればなるほど、ZEH住宅に関心のある方にとっては

     

    不利になるといえます。

     

    家の計画を何らかの都合で先延ばしにしていても結局何の得もない。

     

    金利もこれ以上に下がるとは思えず、現在は徐々に上向き傾向です。

     

    途中の多少の変動は在れど、今以上に低金利の恩恵を受けることは

     

    この先ないのではないかと考えています。

     

     

     

    我々は工務店として、急がせて家造りの計画をさせたくありませんが

     

    急がせないことでお客様に不利益を被ることが起きることも考えられます。

     

    それがまさに、ZEH補助金の減額がほぼほぼ確定的な現在です。

     

    時として、最善の方法を考え提案しているのではありますが

     

    やはり、急かせるのは苦手です。

     

     

    このブログを通じて少しでもお客さんの意識改革があることを願います。

     

    この先「先延ばしにしても何の得も得られない」

    | 愛媛の省エネマイスター | 愛媛四国中央市の新築注文住宅 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sabu-blog.d-setsubi.com/trackback/442
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + これから家造りを始める方へ
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + これから家造りを始める方へ
    メルマガ購読・解除
     

    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE