愛媛の家「省エネ化」計画

愛媛の住宅を全棟「省エネ化」する!を使命に、とてつもない目標と夢に向かい動き始めた スタジオダイワ代表の心のこもった日誌です。
<< 夏場の熱の貯蓄は? | main |
  

断熱材と夏場の涼しいについて
0

    いつもいつも更新期間が空いてしまい

     

    申し訳なく思います(涙

     

    施工事例…工事進捗状況ともに…更新する時間もなく

     

     

    (川之江町の高性能住宅。お若いご夫婦の平屋を建築中)

     

     

    現在も3棟の家を建築中でございますが…

     

    情報を一切公開できておりません!

     

     

    (上柏町のZEH&長期優良住宅。屋上テラスの家にて棟が上がりました)

     


    お客様の家なので必要以上に中身を公開する必要はないと

     

    心に言い聞かせています!!

     

    だってスタジオダイワの家は高性能住宅のノウハウ満載

     

    なので企業秘密も多く…

     

     

    (豊岡町のZEH&長期優良住宅。現在は基礎が終わっております)

     

     

    まぁ

     

    本人多忙につき これからもこのようなペースでの

     

    更新となりますが 興味のある方だけで結構ですので

     

    読んでいただければ 色々と間違った情報や考えが

     

    飛び交うこのご時世において 正しい知識が身につき

     

    自己判断で「いい」「悪い」を推し量ることができる

     

    ようになります

     

     

     

    では

     

     

    よく営業トークで「いい断熱材を使って高気密にすれば

     

    夏涼しいですよ〜」なんて言っているのを耳にします(怖

     

     

    ※前回お話しした通り単純なロジックなので今一度おさらい

     

     

        気密がいい=通気性が悪い

     

     

        いい断熱材=ダウンジャケット

     

     

    夏の炎天下 モフモフのダウンジャケットを

     

    袖口 首元 ウエスト を隙間なく着込めば…

     

    結果は火を見るより明らかです 汗でびっしょり

     

     

         想像しただけで暑苦しい

     

     

     

     

    そんな営業トークをする会社を信用しないでください…

     

    その後のフォローが出来てない場合に限りますが

     

     

    断熱材をよくするということは室内の熱を逃がさない

     

    そして外からの熱を侵入させにくくするということです

     

     

    気密性を高めるのもこれに比例しているということです

     

    隙間が小さければ熱の逃げる量も 外部から侵入する熱も

     

    少なくなります

     

    しかし 気密にはもっと重要で関連性の深い換気が伴います

     

    換気は住む上で健康と寿命に深くかかわる重要なことです

     

    が…ここでは換気の説明はせず「熱」との関係について

     

    説明していきます 換気は改めて

     

     

    今いっている事だけを並べると 夏は断熱無い方がいいの?

     

    って話になると思います

     

     

    極論 その通り

     

    窓などを含めた開口部を多く設け できるだけ風が通りぬける

     

    気密住宅とは逆の発想 隙間風も大いに結構

     

     

    そのかわり重要なスペックがあります

     

    それは「庇」です

     

    おじいちゃん おばあちゃんの家が古民家の方なら

     

    解りやすいのですが 昔の家は昼間でも暗いです

     

     

     

     

    それは庇を深く設け 徹底的に夏の日が入らないように

     

    工夫していたからです

     

    なので夏でもひんやりしており 風が通るだけで涼しい

     

    そう感じることが出来ました

     

     

    ですが今の家はどうですか?

     

    施工主の要望やデザイン性から庇のない家も多く

     

    夏場の熱も室内にドンドン侵入してきます!

     

    それを高性能な断熱材や窓で防いでいますが

     

    それでも熱は窓から多く侵入し その熱を力技で

     

    エアコンで冷やしているのです

     

     

    そりゃ 涼しいけどエアコン代も高いわ

     

    このような家に住むと…

     

    引っ越す前に比べれば電気代は下がったかもしれません

     

    それは エアコンが高性能だからです

     

    今の高性能なエアコンは電気消費量が少ないのに

     

    その恩恵を別の方向に使っているのです

     

     

    では 何が最善?

     

     

    もちろん夏も断熱する(壁から熱を取り入れにくくするため

     

    そして窓の性能を上げる(窓から大半の熱は入ってくる

     

    気密を高める(室内温度が外より低い場合は室内に暖気が入る

     

    その上で庇をデザインする(必要な長さを計算し夏場の熱のみ弾く

     

    太陽高度から都合よく夏場だけ熱を取り込まないようにできます

     

    夏は高度が高く 家に面する太陽光の角度が急です

     

    冬は↑の逆

     

     

     

     

     

    だから夏場は嫌な熱=冬場は欲しい熱

     

    この逆の理論も庇が解決してくれます

     

     

     

    夏と熱は古くから日本の住宅に密接にかかわりました

     

     

     

     

    徒然草にて吉田兼好が日本の家は夏を中心に考えなさい

     

    と言いました

     

    その結果 日本では夏向きの家が建築されることとなりますが

     

    そのころは 冬はいかにしても生活ができることが前提と

     

    考えられています

     

     

    今のように それぞれにプライベートな部屋もなく

     

    1つの寝床に家族が身を寄せ合い寝ていました

     

    その際に暖を取る方法は数多くあれど 暑さを解決

     

    するのは 熱を取り込まない&風しかありません

     

     

     

     

    なので

     

    夏場の暮らしを重点的に考えてきた経緯があります

     

    確かに夏は怖い…

     

    室内にいても熱中症や脱水になる時代です

     

    ですが大切なのはバランス

     

    夏は涼しい…じゃなく

     

    夏は太陽熱を取り入れにくい工夫とエアコンがよく効く設計

     

    冬は室内の熱が外に漏れないようにする


    人の発する熱も家電熱も大切な熱源として活用するレベル!

     

    なので四国中央市において快適に住まう分には

     

     

    極端に断熱材を厚くしたり 付加断熱してみたり

     

    窓にトリプルガラスや木製窓を使ってみたり…

     

    生きている間に費用対効果としての恩恵は受けられません

     

    ここは外国じゃない!!四国です

     

    きちんと断熱し施工すれば 室温もコントロールできます

     

    お金が有り余る人は どうぞ色々なオプションで楽しんでください

     

     

    家づくりを真剣に考えれば 費用をあまりかけないでも

     

    高級住宅に負けない性能を得ることは十分に可能です

     

     

    周りの家をみて 立派な家があったとします

     

    しかし中身は費用をかけていないあなたの家の方が上

     

    スタジオダイワで家を建てたお客さまは

     

    少なくとも近所ではコストパフォーマンスNO1です

     

     

     

     

    なにをどう使おうと大切なのは使い手の知識と技術

     

    どんなによい高級食材も プロが造ったものと

     

    プロもどきが造ったものでは別物です

     

    お金は同じように掛かるのに…

     

     

     

     

    ただし 地元においてこのブログは影響が強いので

     

    色々な方がこのブログを読んで 内容をコピーします

     

    知識を持ってコピーしているなら大賛成ですが

     

    私の言葉のみコピーするならやめてほしい…

     

     

    結果 私の目指す「愛媛の家省エネ化」に繋がるよう

     

          お客さまに対して

     

    工務店の関係者は特に深く学び 間違いのない説明を

     

    行う必要があります

     

     

    私の紹介した本を勉強会などで使うのも結構ですが

     

    それは素人用です 先生と呼ばれる方が素人に説明

     

    する本ではありますが

     

    工務店がお客さまに説明する資料ではありません

     

    今一度内容を 自らで吟味して欲しいと願います

     

     

    | 愛媛の省エネマイスター | 温熱環境 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sabu-blog.d-setsubi.com/trackback/484
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + これから家造りを始める方へ
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + これから家造りを始める方へ
    メルマガ購読・解除
     

    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE